「新お金のあり方」というお話をしました

今回、弘前のHLSで「新お金のあり方」というテーマでお話をしました。

昨今、ビットコインやFintechなどの台頭によりお金のあり方というものが
これまでのそれとは全然違うものになるのではないか?どのように変わるのであろうか?
ということを、なるべく技術をベースに考えてみたり、お金ではない部分でどのような影響があるだろうかということを考察するということをしてきました。

話をするというのは難しいもので

頭で思っていることと話していることが違うことがあるんですね。
例えば ビットゼニーをみんなで開発して、テストやバグ探しを自分はやっていると言ったつもりが、あたかも僕が開発をやっているかのように見直して思ったり
iPhoneの公開が2007のところを2017と言っていたり      orz

また話す機会があれば、なおしますねw

それと、今回のセミナーでの内容の理解を助ける資料をシェアしておきます。
いい資料があれば、またここで追加しておこうと思うので定期的にチェックしてもらえるといいのかなと思います

 

今回のセミナーにおける参考資料

[1] ”A peer to peer electronic cash system” Satoshi Nakamoto 2008
https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

[2] お金2.0  佐藤 航陽
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4344032152/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4344032152&linkCode=as2&tag=raiu1484-22&linkId=7e7e95abe847b0ee78380b7c139bf6d4

[3] 分散レッジャー技術と来たるべき社会変容 斉藤 賢爾
http://member.wide.ad.jp/tr/wide-tr-ideon-dlt2017-00.pdf

[4] ICOについての一考察 増島 雅和
https://www.scribd.com/document/362902074/Initial-Coin-Offering-from-Japanese-legal-and-practical-perspectives

[5] ヤップ島 フェイについて
http://d.hatena.ne.jp/shavetail1/20141112

[6] Mastering bitcoin 日本語訳版 Andreas M. Antonopoulos
https://bitcoinbook.info/wp-content/translations/ja/book.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です